株式市場は堅調、為替相場も円安へ

  • 投稿日:
  • by
ボストンマラソンで爆破事件が起きたとのニュースが流れた昨日の早朝、一気に円高がすすみましたね。
久しぶりに、大きなストップロスを巻き込んだチャートの振れを見させて頂きました。
ものの5分くらいで、1円の円高になりましたから。

FXをされている方は、アベクロ相場で円安がどんどん進むと思い込んでいるのが大半でしょうが、やはり、いつ何があるか分からないのが為替相場ではないかと改めて実感しました。

キプロスの経済危機だって、いきなり発表がありましたし、今回の件は中国の経済成長が取りざたされていますが、そんなことありません。

テロ疑惑が市場参加者に9.11事件を思い起こさせ、手仕舞い、ストップロスを巻き込んだのでしょう。

現に、株式市場は上昇し、為替相場も再び円安方向へと向かっています。

たった1日で。

さて、NYダウは史上最高値を更新中、日経平均も上値追いが見られる株式市場ですが、世界の株式を売買してみたいという方も少なくないのではないかと思います。

やはり、投資をするならコモディティ、日本株、FXのみならず、リスク分散を踏まえると海外株に投資を分散させるのも必要かな?と最近思います。
海外株をどうやって売買するのか?というと、簡単な話。
日本のネット証券では海外株を取扱う証券会社が多くなり、ほとんどの総合証券会社の口座で海外株を売買できる環境が整っています。

円安の影響で日本の輸出関連株の上昇が目立ちますが、昨年の最安値と比べたら今は2倍以上の株価を付けている企業がほとんど。
となると、次は海外株へ運用資金を分散させて投資をするのは、賢い選択かも知れませんね。